初心者に優しいFX

FXは投資初心者にとっても比較的トレードしやすい金融商品といえます。その理由の1つが取引銘柄が限定されている点です。

株式投資の場合だと、数千社という大変な数の会社のなかから、銘柄のチョイスを行わなければなりません。この企業研究や分析をするだけでも膨大な時間と手間がかかってしまいます。株式投資の場合では、銘柄選びだけでヘトヘトになってしまいかねません。

でもFXなら取引銘柄は限られています。なかでも人気のある銘柄はさらに絞られるので銘柄選びに困ることは全くありません。

しかも情報もオープンで多くの専門的な情報が簡単に世界中から集められます。このようにFXでは初心者でも情報格差がほとんどないので、安心して取り組むことができるのです。



為替取引における通貨売買の考え方



FXでは、異なる2つの通貨を一組のペアとしてその売買を行っています。
その売買の舞台は外国為替市場であり、その為替相場で通貨売買の取引きが行われているのです。

この世界で一番に流通している通貨はアメリカのドル、いわゆる米ドルになります。
米ドルは「基軸通貨」と呼ばれており、米ドル以外のすべての通貨が米ドルを基準にしてその価値を決定しており、世界中の貿易でもその決済には価値の安定している米ドルが使用されています。

これは外国為替市場でも同じことが言え、ほとんどの通貨は米ドルとの取引を基本としており、米ドルと円、米ドルと豪ドル、米ドルとユーロなど、米ドルとの通貨ペアでの取引きのことを「ドルストレート取引き」と呼んでいます。

こうしたことから、米ドルは圧倒的な通貨の流通量を誇っており、これに対してそれ以外の通貨がペアになる形で取引きをされている、つまり外国為替市場にて売買をされている通貨のほとんどが、米ドルとペアを組んでいるというのが現状になります。

しかしながら、それぞれの取引きを行っている国や地域では、その現地の通貨を用いて取引を行っていることがほとんどです。
例えば日本であれば、米ドルと円、ユーロと円、豪ドルと円といったような、円を基軸とした通貨ペアを選択して取引きを行っている投資家が大多数だと思います。

その証明の一つとして、為替市場と通貨の取引量の関係性があります。
米ドルは、全ての通貨とペアを組む基軸通貨であるために、その取引通貨量にほとんど変化はありませんが、それ以外の通貨の取引量は、その国が含まれる為替市場の開催時間帯が最も多くなり、そのエリアの為替市場が閉まると取引量が極端に下がることが知られています。

このことからも、米ドルと円というドルストレートの通貨以外の通貨ペア、例えば、豪ドルと円といった通貨ペアの取引きが実際はほぼ行われていないに等しいという事が分かります。

外国為替市場は、通貨の売買を行っている場所ですので、買い手と売り手の都合がつかない取引きは行われない、という市場の原理原則であるはずです。
であるにもかかわらず、米ドル以外の通貨同士の売買が、世界中の為替市場で頻繁に行われているのはなぜでしょうか。

その答えが「クロス取引き」という考え方です。

先ほどの豪ドルと円との取引きを例えにしてみると、「豪ドルを売って、円を買う」という取引きはほとんどありませんので、為替市場ではこの売買取引きは成立しません。
しかし、この豪ドルと円の取引きの間に米ドルを介在させることにより、この売買取引は成立するのです。
つまり「豪ドルを売って、米ドルを買う」と「米ドルを売って、円を買う」というドルストレート取引きを組み合わせるのです。

これにより、二つの取引きの間にある「米ドルを買って、米ドルを売る」という売買取引が打ち消し合うために、「豪ドルを売って、円を買う」という取引きが成り立つことになるのです。

このような米ドルを除いた通貨売買、つまりクロス取引を行う場合には、その他の通貨レートの変動も気にかけておく必要があります。
クロス取引においての為替レートの動きは、その周りの通貨のレートの動きに左右されることがあるからです。

例えば豪ドルと円の取引きをしていた場合、円安豪ドル高の相場になっていたとしても、米ドルと豪ドルの相場では豪ドル安になっているようなケースでは、円に対しては豪ドル高になっているものの、その他の通貨との相場では豪ドル安になっている可能性が考えられ、この周りの相場に合わせて円安豪ドル高の相場が逆転していく可能性が高くなるのです。

こうしたことを踏まえながら外国為替市場を見ていくと、時に相場変動のヒントがおちていることもありますので、円を本位にした通貨ペアだけでなく、他のドルストレートの通貨ペアにも目を向けてみることをお勧めします。